庭と花とマミー

マミーの庭と花を巡るストーリー

東京のナメクジの庭から

東京郊外で小さな小さなお庭のある
お家に住んでいました。

日当りも悪く、
芝生を植えても育たず、

花を植えるとつぼみの状態で
ナメクジやカタツムリ
に食べられてしまっていました。

この頃は完全なガーデニング初心者。

すぐ水やりを忘れる
すぐ枯らす

そもそも手が汚れるから、
土を触りたくない

日照時間も花の種類も考慮せず
見た目だけで植えてしまうアホでした。

京都のベランダと畑

京都では
角部屋で日当りの良く
東京の庭より広いベランダがありました。

植物には何よりも
日当りが良いことが大事だと
ここでやっと学びました。
まだまだアホですね。

ベランダも無いアパートメント

大好きだった
京都のベランダとさようなら(涙)

引っ越してきたニューヨークの
最初のアパートメントは窓は大きく景色はいいけれど、
テラスの無い、
植物を育てる場所は皆無のお部屋でした。

マミーのガーデニング暗黒時代の始まり。

2012年、
PTSD、うつ病、不安障害を発症していました。
外に出るのも怖く、
人とも話せず、動いてもすぐ疲れる。
とにかく大きな不安に包まれ何をどうして良いのか分からない中、

テラスが無いからガーデニングができない
なんて考えるのを止めました。

部屋で土を広げられる様に
ビニールシートを買い、
土、植木鉢、スコップ、花の苗を買ってきました。

この時、土を素手で触った時、
自分が失った物と必要な物が分かりました。

ですが、日の入らない部屋。
植物は上手く育たず、花は咲かず。

最後にやけくそになって
造花を大量に買いました。

それでも花が無いより
あった方が良いことに気がついたのです。

夢のマミーガーデン

まだまだ病気も治りきらない中
庭付きの家へ引っ越すことができました。

苦しい病気やテラスも無い部屋

これまで自分が植物にどれだけ
癒されてきたのか嫌と言うほどわかりました。

もっと植物の性質を掴んで
育てていってあげよう。

心を入れ替えガーデニングを始めたのでした。

試行錯誤のマミーガーデン

庭とは言え、一日中日が当たる訳ではありません。

アメリカへ越してきたし、
まだまだ知らない植物だらけ、

欲しいと思った植物を植えても、
場所が悪くすぐ枯れたり、
環境が合っていなかったり、

買っては枯れ、
植え替え植え替え
枯れたり育たなかったりの繰り返し。

数年かけ、庭の日当りの癖が分かり、
安定してお花を咲かせるようになりました。

花とブログとマミー

こうやって自分も庭も安定してきたおかげで、
次は、その庭のお花の絵を描く気力が湧いてきました。

植物達のおかげで絵が描けるようになり
この子達をモデルに現在描いています。

もっともっとこの子達を
アート作品に使っていけないかしら?

絵に描くだけではなく、
絵にこのリアルな花達を使えないかしら?

そんなことを考えながら
お庭でせっせと草取りしています。

ーーーーー
マミーとラインともだちになると…
ニューヨークから気まぐれにアート情報を送ります↓↓↓

ーーーーー
マミーガーデン関連記事
クリエイティブ・ガーデニングのための3つの注意。
出来過ぎさん「ピオニー」
ラベンダーの効能を最大活用。
毒花図鑑
ーーーーー
Instagram Gallery