ゴッホからエゴン・シーレの「ひまわり」からのジョジョ?

今回の記事では、オーストリアの画家
エゴン・シーレの絵画「ひまわり」が
なぜ描かれたのかがわかります。

おまけに、
エゴン・シーレが影響を与えた
超有名人2人を紹介します。

シーレ好きのみならず、
ゴッホやクリムトが好きな方、
さらに、荒木飛呂彦好きも必読です。

アートと歴史と人が好きなマミーが
エゴン・シーレに敬意を込めて書いてます。

エゴン・シーレが「ひまわり」を描いたワケ

オーストリアの画家、
エゴン・シーレ
(Egon Schiele)

グスタフ・クリムトに弟子入りし、
ウィーン分離派として人気の画家でした。

エゴン・シーレの残した作品の多くは
人物を描いたもの。

主題の多くは「性」や「死」

過激な性的表現に、
警察に作品を猥褻物として押収されたこともありました。

1912年、
14歳の女の子を家に泊め24日間勾留され、
作品の没収をされてたのですが、

こんな感じの絵だと
警察も動いてしまいますね。

Three Girls 1911
↑個人所蔵

ゴッホの「ひまわり」の大きな影響

オーストリア=ハンガリー帝国に生まれた
エゴン・シーレの誕生日は

1890年6月12日

そして、
フランス人の画家
ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ
が銃創により死亡したのが、

1890年7月29日

ゴッホが亡くなる1ヶ月前に
自分が生まれたことを
エゴン・シーレは運命的に思っていました。

Schiele’s Room in Neulengbach 1911

20世紀初頭、
ゴッホの展覧会がウィーンで開かれ、
ゴッホはすでに人気がありました。

エゴン・シーレも
まさかゴッホより若い年齢で亡くなるとは
思いもしなかったでしょう。

ゴッホ37歳没、

エゴン・シーレ、
スペイン風邪により29歳没でした。

エゴン・シーレの「ひまわり」

大きな影響をゴッホから受けたものの、
エゴン・シーレの「ひまわり」は

ゴッホの生命力あふれる
黄色い世界とは真逆の、
枯れ始めた「ひまわり」

Sunflower 1908


Sunflower 1909 (個人所蔵)

水彩で描かれた
エゴン・シーレの
枯れていない「ひまわり」

Sonnenblumen 1917(和紙に鉛筆、水彩)
↑ウィーンAlbertina Museum所蔵

枯れ始めの「ひまわり」

Sonnenblumen 1911 (鉛筆、水彩)
↑個人所蔵Albertina Museumに説明あり。

水彩を習作として、
オイルで描かれたものが、

Sonnenblumen I 1911
↑Belvedere美術館所蔵

Herbstsonne II 1914

「ひまわり」の花のイメージは
太陽に向かい上を向いている、
明るいイメージですが、

エゴン・シーレの「ひまわり」は
まるでがっくりと肩を落とした人のように
哀愁や悲しさ、
ひょっとしたら「死」も、

日本のわび・さびも感じさせますね。

師匠クリムトの「ひまわり」

エゴン・シーレの師匠、
グスタフ・クリムトも、

エゴン・シーレの少し前に、
やはりゴッホを見て
「ひまわり」描いています。

うつむいた花もエゴン・シーレとは違い華やかで優しささえ感じます。
「接吻」の様な「ひまわり」です。

Sonnenblume 1907/1908
↑Belvedere美術館所蔵

Der Kuss 1908
↑Belvedere美術館所蔵

描かれた年を見たら、
むしろ「接吻」の人物の顔の向きは、
「ひまわり」の影響だったのかもしれないですね。


Bauerngarten mit Sonnenblumen 1907
↑Belvedere美術館所蔵

エゴン・シーレが与えた[強力]な影響2つ

ヒトラーの退廃芸術

エゴン・シーレはクリムトと同じ
ウィーン工芸学校で学んだ後、

1906年、
「ウィーン美術アカデミー」へ進学しました。

難なく試験をパスし、
むしろアカデミーはつまらないと
中退してクリムトの弟子になったのです。

1907年、1908年の2年連続、
「ウィーン美術アカデミー」の試験を受けて、
落ちてしまったのが、

アドルフ・ヒトラーでした。

ヒトラーは人物デッサンが嫌いで、
入試科目の頭部デッサンを提出しなかったことで落ちたのです。
絵に問題があったわけではありません。

The Courtyard of the Old Residency in Munich 1914
↑ワシントンDC、アメリカ軍歴史博物館所蔵
United States Army Center of Military History

とは言え、
年下で入学したエゴン・シーレが
画家として成功しているのを見て、
気にならないとは思えません。

さらに、ヒトラーは
画風にもコンプレックスがあったようです。

自ら古典主義と言っていたものの、
見ての通り個性に欠ける絵。

それに比べてエゴン・シーレは個性の塊。

Harbor of Trieste 1907

このことが大きな尾となり、
ヒトラーが総統となった時、
現代アートを「退廃芸術」と名付け
多くの個性的な芸術作品を徹底的に糾弾しました。

もちろんエゴン・シーレの作品の多くは
ナチスに没収され危機的な状態でした。

エゴン・シーレは
その惨状は見ることなく、
1918年にスペイン風邪にかかり
29歳の若さで亡くなっています。

↑退廃芸術展跡地にあるプレート

荒木飛呂彦はエゴン・シーレ大好き

漫画家、荒木飛呂彦は
エゴン・シーレから大きい影響を受けています。

と、言うより
そのものを描くこともあったようです。

今となってはエゴン・シーレの絵から
擬音が聞こえてきます。

Fighter 1913


Arthur Roessler 1910


Hindering the Artist is a Crime,
It is Murdering Life in the Bud
1912

エゴン・シーレの「ひまわり」のまとめ

エゴン・シーレの「ひまわり」は
ゴッホの影響でした。

しかしゴッホと違い
枯れた「ひまわり」を描いていました。

ゴッホの亡くなる
一月前に生まれたエゴン・シーレ。

もしかしたら、ゴッホの連作として
意識していたのでしょうか?

クリムトも描いていましたが、
もしかしたら「接吻」の
あの首の角度は「ひまわり」だったのでしょうか?

さらに、才能溢れ個性の強いエゴン・シーレは
ヒトラーに妬まれ、
現代の人気漫画、
「ジョジョの奇妙な冒険」にも影響を与えていました。

ジョジョはエゴン・シーレそのものですよね。

最後まで記事を読んでいただき
ありがとうございました。

さらなる情報、ご意見ご感想、
体験談などコメントいただけたら嬉しいです。
Yukiyo mommy

ーーーーー
サイト内関連リンク
クリムトの[重要3作品]とその美術館
[戦争/消費/反発]モダニズムとは20世紀
「ひまわり」の絵画は結局ゴッホ。世界に散らばる7つの「ひまわり」
[ミュシャの油絵]チェコの歴史と「スラブ叙事詩」2枚
ーーーーー

ニューヨークから気まぐれにアート情報を送っています。

Subscribe

* indicates required



ラインからもお送りします。

ーーーーー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA