画材をニューヨークで買うならば。

ニューヨークで
日本画の画材を買おうとしても、
まともにあるのは

膠(ニカワ)だけでした。

↓ニカワがどこで買えるか書きました。
日本画「画材」ショッピング。

日本画の画材は
慣れないことなので選ぶのが大変。

ちょっと休憩してニューヨークで
画材をどこで買っているか紹介します。

画材はどこで買うのが良いのかな?

マミーがよく使っている画材屋さんは、
ニカワの時にも紹介した、

DICK BLICK ART MATERIALS

日本画ではない画材なら何でも揃います。

でも一応
「Japanese」
で検索してみたら…

安い筆と刷毛が出てきました。

日本画の刷毛は天然物の毛で
毛が抜けにくいようにできているので
とても高いですが、
その中でも特に高い、

「連筆」

一本平均10000円以上と言う
とてもお高い刷毛。
初心者はまだ買わなくても良いです
と言われた刷毛が

一番高くて1000円ぐらい。

これは…
明らかに質は悪そうな
安価番風な見かけだけど、
いずれ試してみても良いかもしれない。

和紙や筆も安く売っているので、
いずれここで試しに買ってみたいと思います。

画材屋 in NYC

DaVinci Artist Supply

チェルシー(Chelsea)
132 West 21st St

グラマシー(Gramercy)
386 2nd Ave

アップタウン(NY School of Interior Design)
170 East 70th Street

この3店舗がマンハッタンにあり、
ネット販売もしています。

試しに「Japanese」で検索した所、

日本画と関係するものは、
日本画の絵の具パレット

「顔彩」

小さな容器に
乾燥した顔料が入っています。

ニカワ、アラビアゴム、水飴、砂糖等
これらを練り合わせ固形にしてあるものです。

水彩と同じく水を含ませた筆で絵を描きます。
絵手紙などに良いそうです。

値段も日本とほぼ同じでした。
もし欲しくなったらここで買おう!

ーーー
Artist Craftsman
全米展開ですが、
マンハッタンに1店舗、
ロングアイランドに5店舗あります。

またも「Japanese」で、
検索した所、日本画関係は見つからず。

しつこく「glue」(英語でノリでありニカワのこと)
で検索したら、

Yasutomo の刷毛があり、
今度は「Yasutomo」で検索。

これまた安い刷毛や筆が沢山ありました。
品質はどんなもんでしょう!?
「Yasutomo」って日本っぽい名前だけど、
Made in Japanではないかな?

通販なし。

Jerrys Retail Stores NYC
111 4th Ave.
New York, NY 10003

全米に展開していますが、
テキサスが多いので
そちらが本店なのでしょう。

日本画材に関係する物は
期待出来なさそうです。

ーーー
Soho Art Materials
マンハッタンとブルックリンに
各1店舗あります。

SOHO LOCATION
3 WOOSTER ST. NYC 10013

BROOKLYN LOCATION
36 GARDNER AVE 2ND FLOOR.

日本画関係は期待出来ないけれど、
ここは場所柄
独特な画材が売ってそうな気がするわ。

ーーー
マンハッタンにある
1875設立の美術学校が
アート・スチューデンツ・リーグ・オブ・ニューヨーク
The Art Students League of New York

イサム・ノグチが卒業した学校です。

香川県のイサム・ノグチ庭園美術館
札幌のモエレ沼公園などなど
日本の各地で彫刻が見れますね。
そのイサム・ノグチです。

ジャクソン・ポロックや
ジョージア・オキーフも卒業生。
ニューヨーク観光、近代美術館(モマ)編
オキーフとかの子の不倫論

その学校の購買の画材屋さんです。
The League’s Art Supply Store
セントラルパーク近いので
観光がてら寄ってみよう。

クラフトショップの画材

クラフトショップは手作り原材料や、
インテリアやカスタムフレームなどを
取り扱っていますが、
その中に画材のコーナーもあり、
絵の具や筆、紙やキャンバスなどは一通り揃います。

紹介する3店舗とも
メンバー登録で大きな割引があるのが、
専門画材店とは違う魅力です。

例えば
「定価の半額クーポン」
「全品25%オフクーポン」

これが多少の額を変えて
毎月の様に送られてきます。

さらに、シーズンオフの物の割引は
最大75%オフにもなるので、
ついつい買ってしまうんですよね〜。

画材はシーズンのものではないので
大きな割引はないですが、
時折、
「BUY 1 GET 1 FREE」
(一つ買うともう一つ無料)

たまーに
スケッチブックがこの割引になっていると
つい買ってしまいます。

最寄りの店舗は
郵便番号などを入れて検索出来ます。
この3つのどれかは
近くにあるのではないでしょうか?

Michaels
画材に関して「Michels」は
オリジナルブランドの画材を安価に出しています。

まぁ、使い心地は値段通りですが、
子供達に教える時や
自分が使ったことのない
画材を試したい時には便利です。

Joann
ここはクラフトだけではなく
ソーイングに強いので便利。

画材はあまり品揃えは良くないし、
近所のこのお店は
画材の管理が明らかに手抜き。

でも定価50%オフクーポンは
いつでもあるので、

絵の具の定番色や
定番スケッチブックは
最初にチェックしています。

閉店画材屋さん

2014年に
「Pearl Paint」
と言うニューヨークで画材を買うならここ!
問いお店が閉店してしまいました。
その頃は絵を描き始めたばかりで、
気がついたら無くなっていました。

そして絵を描き始めて
一番画材を買ったお店が
「A.I. Friedman」

こちら創業80年の
歴史ある画材屋さんだったのですが、
2017年閉店してしまいました。
チェーン画材屋さんにはかなわなかったそうです。

ここが一番好きだったのに。

ニューヨークから気まぐれにアート情報を送っています。

Subscribe

* indicates required



ラインからもお送りします。

ーーーーー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA