匂いのクセがすごい「セージ」

臭いのする植物は、
虫避けにもなるでしょう。
その中でも
強力な臭いのハーブをご紹介します。

クセ強い「セージ」

別名「サルビア」
この名前は
ラテン語の「Salvare」から来ています。

スペイン語だと「salvar」
英語の「save」
(救う)の意味ですね。
ちなみに
エルサルバドルは「El Salvador」(救世主)です。

「救う」意味が語源にある「セージ」
殺菌力が高いみたいです。

古いアラビアの諺では
「庭にセージを植えているものが、どうして死ぬことができようか。」
なんて言われているそうです。

し か し

薬効強すぎてか、
ハーブの中でもこのセージの匂いは

きつい!

手に付くと顔を背けたくなる強さです。

ハーブティーや肉の臭み消しと、
ハーブっぽい使い方この匂いじゃ使いたくないわー!!
と、
何年もお庭にあるのに、使っていませんでした。

それを我慢する価値のあるメリットなのかもしれない…
と今考えを改め、
いずれ肉の臭み消しぐらいには使ってみます。

でも、

いつも匂い嗅ぐとやめちゃうの。

浄化?

そんな匂いのクセがすごい

「セージ」

ほかに何か使い道が無いかと探すと、

浄化!

ネイティブアメリカンが浄化として使っていたそうだけど、
お寺の入り口の煙みたいなものかしら?

これだけ強い匂いだと、
煙を浴びるだけで効果がありそうではある。

と、
よく見てみたら、その浄化に使うのは

「ホワイトセージ」

うちにあるのは多分
「コモンセージ」

そんな違いがあると知ったなら、
「ホワイトセージ」もほしいなぁ。
と思ってしまう。

これではただの植物コレクターですね。

虫除けにも!

セージを乾燥させて炊くと虫除けになる

と言うことがわかり
乾燥させてお庭で燃やしたことがありました。
(そもそも燃やすは間違いだったかも?炊くだものね。)

結果、

そんなにずーっと燃やせないし、
効き目があったのか無かったのか
よくわからないです。

残念。

そして、そもそも葉を摘む時が匂うので

もういいや。

でも、もし、
庭中セージだったら蚊も来なくなるかしら?

しかし、セージの匂いで苦情が来てしまったりしてね。
こちらでは、苦情は個人間でしないので

いきなり警察が来ちゃうのよ。
(経験済み)

心臓に悪いわー!

匂いのクセが強い「セージ」でした。

マミーガーデンから

雨が多くて
マミーガーデンで大活躍の
グラウンドカバー

クリーピングジェニー

なんですが、

表面は綺麗な黄緑なんですけど、
ちょっと隙間を開けてあげようと
一部カットしたところ、

白カビ。

あまり生やしすぎるのも
良く無いのかしら?

それとも今年の気象のせいかしら?

簡単だからと放置せず、
少し間引いて行こうかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA