バラ花束は「色」+「数」

バラの花束を贈りたい?

世の中には花束をもらうのが
好きな人と好きではない人がいますが、

意味のあるバラの花束なら
好きではない人も納得でしょう。

バラの花束なんて恥ずかしくて
プレゼント出来ないと思ってるあなた!

意味があると言うことは
普段花束をプレゼントしないタイプがした方が
効果があると思いませんか?

バラの種類や歴史は
>>「バラの種類はどんだけ〜?」

花言葉の歴史

いろいろお花を調べていると、
付随して花言葉も出てきますよね。

見るからにその花のイメージの言葉もあれば、
なぜこの花言葉?と思うものも。

この花言葉の起源をたどると、
17世紀オスマントルコの風習だったのです。

それが記録としてあるのが、
イギリス駐トルコ大使の妻
メアリー・ウォトレイ・モンタギュー。
彼女が初めてイギリスに花言葉の風習を伝えています。

ですが一大ブームは
19世紀フランス。

シャルロット・ド・ラツールが出版した
「花言葉/Le Langage des fleurs」

この本の出版がきっかけで
フランスは花言葉ブームになり、
明治時代の日本にも伝わりました。

この頃のフランスは
とにかくアジアに興味があったんですね。

1910年、日本では
与謝野晶子の「花」と言う本が出版されます。
日本で初めての花言葉の本です。

与謝野晶子の歌と花言葉の解説が載っている贅沢な本ですが、
もうこれを読むのは容易では無さそうです。

結論

花言葉はがっちりした根拠が無く
お花と同じくふんわりしているんですね。

文化と結びついて出来上がったものなので
日本と海外で花言葉が違うのも納得です。

何なら新たに花言葉を作って
広めていくことも出来るんですよね。

花に新しい意味を作る…
なかなか面白そうですね。

あっ!
注意点ありますね!

違う国の人に
花言葉を込めて花をプレゼントをする時は
意味が違ってしまうかもしれないですもんね。

バラの花言葉

バラ全体は

「愛」とか「美」

なんですが、

バラの場合の言葉は

「色」+「本数」

それぞれで意味が変わったり加わったりします。

赤いバラ+本数

「赤」+「1本」=「愛」+「あなただけ」

「濃い赤」+「1本」=「憎悪」+「あなただけ」

「赤」の種類により少しずつ意味が違うんですね〜。

全体に情熱的ですけど、
情熱が余って憎悪まで行ってしまったら注意ですね。

「赤」+「999本」=「愛」+「永遠に」

「濃い赤」+「999本」=「憎悪」+「永遠に」

きゃーこわい!
赤の濃さ気をつけてね。

白いバラ+本数

一方「白」は

「白」+「7本」=「純潔」+「密かな愛」

「白」+「5本」=「深い尊敬」+「あなたに会えて嬉しい」

色のイメージ通り、軽くなりますね〜。
愛以外にも恩師や感謝の気持ちで贈るなら、
赤より白と言った感じです。

ただし、白いバラ、
お葬式に使われるイメージもあるので
年配の方に贈る時には気をつけた方が良いですね。

ピンクのバラ+本数

「ピンク」+「11本」=「かわいい」+「宝物」

「ピンク」+「10本」=「感謝」+「完璧」

娘にこの意味でプレゼントするパパとかどうです!?
なんか可愛らしい。

家族に贈るならピンクは良いかもしれないですね。

黄色のバラ+本数

「黄色」+「17本」=「恋に飽きた」+「絶望的な愛」

お別れに渡すバラの花束として最強ですね。

黄色、大好きなんですけど、
バラは要注意ですね。

「黄色」+「15本」=「恋に飽きた」+「ごめんなさい」
こっちの方がちょっとマイルドね。

オレンジのバラ+本数

「オレンジ」+「19本」=「健やか」+「忍耐と期待」

オレンジ色に健康的なイメージがあるので、
お見舞いや励ます時には良さそうですが。
19本は多いかな。

青バラの奇跡

青色のバラはの花言葉は

「不可能」でした。

2004年までは。

1990年、
80年代のバイオテクノロジーの進歩を背景に、
お酒で有名なサントリー社が
オーストラリアのベンチャー企業
フロリンジ社と共同で

「青いバラ」プロジェクトをスタート。

言葉は簡単ですが、
何をしたかと言うと、

1.青色遺伝子を取り出す
2.青色遺伝子を入れた遺伝子組み替えのバラを作る

1994年
青色遺伝子組み換えで
青いカーネーション「ムーンダスト」が出来る。

1996年
ついにバラの色が青色遺伝子により変化する。

素人だと、
白いバラに組み込めば良いではないか?
と思いましたが、

色素だけで青くなるわけではなく、
その個体の細胞の成分が重要だったそうです。

こんなに簡単に説明するのが申し訳ないほどの、
努力の積み重ねだったと思いますが、

2004年、
ついにサントリーが「青いバラ」を発表。

2008年に
農林水産省と環境省から認可を得て

「アプローズ」
(SUNTORY blue rose Applause)
(サントリー、青バラ、喝采)

として販売が開始されました。

ここから「青いバラ」には
元々の花言葉と反対の

「夢叶う」と「奇跡」が加わったのです。

正直、まだ「紫」に近い青。

サントリーは現在も
もっと青くなる様に
研究開発を続けているそうです。

サントリーさん
がんばって欲しいわー!!

↓サントリーの青いバラについてのページ
世界初!「青いバラ」への挑戦

他にも園芸家の方達が日々
青いバラや青い花を

生み出す努力をされているのですが、
まだまだどちらかと言えば「薄紫」

マミーの求めるブルーには
まだまだ遠いですね〜。

青バラ+本数

そんな努力の結果出来上がった、

「青いバラ」

がんばってる誰かに贈るお花としていいですね!

「青」+「14本」=「夢叶う」+「誇らしい」

どうでしょう!?

お仕事でコレが贈られたら目を引くし
意味が分かったら嬉しい場合もありそうですね!

紫のバラ+本数

紫のバラと上記の青バラの違い、

青バラと言っているのは正確には「青紫」
紫のバラはそれに比べ「赤紫」

それらの紫の中で一番濃い深い紫、

「ミステリューズ」と言う
フランス原産のバラがあるのですが、

こちらはなかなか切花ではなさそうです。

そんな「紫バラ」の花言葉は「上品」「気品」

贈る相手も大事ですが、
贈る人の気品も上がる気がしますね!

「紫」+「10本」=「気品」+「あなたは完璧」

これ、誰に贈りますか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA