「編み物」する者に不眠なし!

手編みのものって、暖かみが違いますよね。
マミーは子供の頃から編み物が大好きでした。

手編みのモチーフを見るだけでときめいてしまうほど。
なぜこんなに編み物が好きだったのでしょう!?

編み物の歴史

編み物の歴史を遡ると石器時代に狩りに使った網でした。

最古の編まれた物は3世紀頃のものが発見されているそうです。

古代の編み方はかぎ針が主流だったそうです。

なるほど、ときめくレース編みはかぎ針の物が多いもの。
DNAが何かを覚えているのかも。

編み物の種類

編み物には
手編み2種類と、機械編みがあります。

「かぎ針編み(クロシェ)」

古代から続く編み物である「かぎ針編み」。
英語では「Crochet(クロシェ)」と言います。

レース編みはこの「かぎ針編み」で
レース用の細いかぎ針と細い糸で作られます。

太めのかぎ針で毛糸で編むこともあります。
コースターやテーブルクロスなどよく見られますが、
スカートだってセーターだって何でも作ることが出来ます。

最近だと「あみぐるみ」と言われる
手作りぬいぐるみは「かぎ針」で作られています。

どちらにしろ、他の編み物より懐かしい素朴な味が出ますね。
やはり古代から続いている原始的な方法だからでしょう。

「かぎ針」は名前の通り
細い棒の先に糸を引っ掛けるために
鋭くない釣り針の様な「かぎ」かあります。

輪にした糸にその「かぎ針」を使って糸をくぐらせて編んでいきます。
小さなモチーフを編み、
それをパッチワークのように繋げていくものを
「モチーフ編み」
と言います。
マミーはこれが素朴で好き。

「棒針編み(ニット)」

「編み物」と聞くとイメージするのはこちらかもしれません。
2本の棒に絡めた糸を交互に移しながら編んでいきます。

「かぎ針」と同じく何でも編めますが、
どちらかと言えば服を作るのに向いているのは「棒針」のほうです。
洋裁は布を型に合わせて切っていきますが、
「棒針」は布を作りながら型紙に合わせ編んでいくのです。

型紙通り編み上がった物は太い毛糸用の針で縫い合わせていきます。
ですので、かぎ針より少し手間がかかります。

「機械編み(メリヤス)」

機械にかぎ針のような針が沢山ついて自動的に編んでいきます。

1589年にイギリス人牧師
ウィリアムリーによって足踏み式編み機を発明されたのが最初。

1849年イギリスで現在の編み機の形になり現在に至っています。

機械編みで出来るものには
Tシャツ、ジャージ、靴下、下着、カットソーなどがあります。

日本では足袋を作る機械として発展していったそうです。
足袋って、ニットだったのね?

昭和29年に家庭用編み機が発売され大ブームになったそうです。
子供の頃家にあったのだけど、
使わせてもらえないまま大人になってしまったわ。

編み物の効果

編み物でうつ病など心の病も良くなる可能性を持っています。

マミーも「PTSD」とした併発「うつ病」と「不安障害」を
癒す過程で編み物が支えになりました。

最初は単に好きなことをしているから良いのかと思っていたのですが、
そんな簡単な話しではなかったんです。

編み物をするメリット4つ!

ネガティブ思考排除

作業に集中できて
ネガティブな感情が頭を支配しにくいんです。

マミーはまだ頭がはっきりとしない時から始めたので、
減らし目や複雑な編み方は出来ず、

先ずは、簡単な編み方

「かぎ針編み」の基本「カギ編み」

これをひたすら続けました。

ただ丸く編み続け
「コースター」
を、ひたすら作り続けていた時期もありました。

同じ色や暗い色だと
分かりにくいし,飽きるし、気持ちもやや滅入るので

グラデーションの
なるべく気持ちの上がる

カラフルな色の糸を選んでました。

この色が気持ちを上げる作用に一役買っていたと思いますよ。

老化防止

手と脳の連携で
肉体のリハビリや老化防止にも役立ちます。

両手の指を使い細かいことをするので、
改めて説明はいらないでしょう。

「かぎ針編み」と言えば
おばあちゃんが揺り椅子に座ってやっているイメージありますよね。
お年寄りだけではなく、
手の怪我などをした人達が回復過程で始めるととても良いのだと思います。

リハビリのみならず、
子供達も手先を動かせば脳の動きも活発になり賢い子になりそうですよ。

マミーも
子供のころのIQテストの結果が良かったのは
編み物のおかげかも♥

幸せホルモン分泌

編み物をすることで、
脳内の神経伝達物質「幸せホルモン」とも言われる
「セロトニン」が出るそうです。

うつ病などを患うと、
この「セロトニン」が不足するそうです。

不眠解消

3の「セロトニン」とも関わります。

夜寝る時,人の体は「メラトニン」を分泌することにより眠りにつきます。
この「メラトニン」を作るのが

朝日と共に作られる「セロトニン」なのです。

自尊心向上

新しい物を作りあげる。
人にあげて喜ばれる。
自分のスキルが高まる。
自分を表現できる。
などなど。

マミーはちょっとしたことを積み重ねて
自尊心を少しずつ取り戻していきました。

小さなことでも完成する達成感は幸福度を上げるんです。

今回仲間に入れませんでしたが、
「リリアン」も編み物の仲間。

もし編み物を始めるハードルがある方は
おもちゃ売り場に売っている
「リリアン」でも効果があると思いますよ。
ーーーーー
サイト内関連リンク
自分の描いたイラストで利益を得よう!
アート作品の購入はここ!おすすめのアート作品販売サイト9選
マイ・アート作品を売る11カ所
ーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA