英語だって怖くない!海外のアート公募チャレンジ

今回の記事では
海外で主催されているアート公募に
英語で探す方法がわかります

海外のコンペなど
英語が苦手であきらめていた方、
チャレンジしたいアーティストの方必読

[できるかな?]海外アート公募

海外でも多くのアートの公募が存在します。

小さいギャラリーや
雑誌が主催しているものから、
世界中から公募する大規模なものまで様々です。

多くのチャンスの欲しいアーティストにとって
日本の公募だけでは足りないかと思います。

でも海外サイト、
その時の問題は「英語」

前半、
英語サイトによる公募探しで必要な英語をチェックします。

後半、
日本語で応募できる海外アート公募サイトや、
英語で直接探せる公募サイトをを紹介します。

海外アート公募イングリッシュ

海外のサイトの公募を探すには、

「Art」

だけでは幅が広すぎて、
音楽や舞台なども含まれて検索結果に出てしまいます。

検索のポイントとなる英語を覚えましょう。

探し方英語1「Call」

海外でのアート公募の時は
辞書で直訳の「公募」とは違い、

Call for Artist

Open call for Artist

「Call」が使われます。

アーティストを呼ぶのですね。

探し方英語2「Competition」

「Call」以外にも
海外アート公募の探し方はあります。

日本語で「コンペ」
競い合うタイプの公募です。

ただの「Competition」では
スポーツなども範囲になるので広すぎます。

またアートだけでは音楽や
パフォーマンスが入ったりしますので、

「Fine art Competition」
で検索が良いです。

「Fine art」
ファインアートは芸術、美術、絵画などの意味になるので絞られます。

似た言葉にコンテストがあります。
「Fine art contest」
また違うタイプの検索結果が出て来るかもしれないので試してみて下さい。

ちなみに、似た言葉「コンクール」は
「コンテスト」のフランス語かた来ています。

探し方英語3「Juried」

展示会形式で審査する場合もあります。

その場合は、
「Juried Exhibition」

「Juried」
が審査が行われるという意味。

海外のアート公募を探そう!

英語を読むのは前提で、
わからない言葉は辞書や翻訳機能で頑張って下さい。

もし予算が有る方なら、
翻訳を有料でお願いすることも出来ます。

↓手頃な翻訳サービスがありますので探してみて下さい。
ココナラ/翻訳



また、ほとんどの場合、
登録料や参加料がかかること。

それに作品の海外への送料と
場合によっては保険、関税などもしっかり確認しましょう。

なるべくなら…英語を避けたい

どうしても英語は…
でも海外にきっかけを求めたいと言う方には、

日本語で公募をしているサイトがあります。
登竜門/海外コンペ
美術手帖/アートコンペの広場
公募展情報 ゆめ画材/海外

これらをチェックして、
日本語対応のある国際公募を探してみましょう。
ーーー
↓日本語の国際公募サイト紹介
NYアゴラギャラリー (日本語)
が主催している
チェルシー国際ファインアートコンペティション (日本語)

ルクセンブルク公国の非営利民間展示会場
ピナコテークが主催している
Luxembourg Art Prize (日本語)

海外公募探し

先ずは前項目と同じ
これらのサイト↓で探してみましょう。
登竜門/海外コンペ
美術手帖/アートコンペの広場
公募展情報 ゆめ画材/海外

英語で海外アート公募探し[直リンク7サイト]

英語に慣れたら直接探してみましょう。
ーーー
アメリカのサイトですが
[アメリカ以外]のカテゴリがあり、
[International call for artist]の情報です。
Artshow.com/Calls for Artist

アメリカ国内
[東][中央][南][北]で分けられています。
アメリカは広いので便利です。
「Local」は地域居住者、
「National」は全アメリカから応募が可能ということです。
Artshow.com/Calls for Artist
ーーー
アメリカ、イギリス、ヨーロッパのカテゴリで
クリエイティブに関わる人のための情報。
その中の「Call for artist」のページです。
Art jobs.com/Call for artists
ーーー
アメリカ中心ですが、
[主催][ギャラリー][州][締め切り]
で探せるので分りやすいです。
The Art Guide.com/calls for artists
ーーー
会員登録をすることで、
公開されていない公募情報が見れます。
C4E/Call for Entries.com
ーーー
NYのサイトでローカルが多いですが、
アメリカ、カナダ、インターナショナルの公募情報があります。
NY foundation for the arts/Opportunities
ーーー
NYのアート情報ですが、
様々な公募があるので応募条件をチェックして下さい。
Art in NYC/Call for Artists
ーーー
アメリカのアート雑誌のサイトの公募情報です。
ArtistsNetwork/Art Competitions

海外のアート公募情報のまとめ

海外のアート公募は
英語の問題があるかもしれませんが、
どちらにしても海外で活動したい気持ちがあるのでしたら、英語を読むのは必須。

ですが検索のキーワードを分っていないと、
ネットの大量な情報の中で迷子になるかもしれません。

今回は海外アート公募のための、

「検索のポイントとなる英語。」

「日本語もある海外公募サイト。」

「アメリカの公募サイト。」

これらをお伝えしました。

あなたのアートが
どの公募とマッチするか分らないので、
ぜひ海外の公募もチャレンジしてみて下さい。

今後も良い情報を見つけ次第更新して行きます。
気になることは何でもコメントして下さいね!
ーーーーー
サイト内関連リンク
徹底紹介!海外アート雑誌10選
アートのニュースを逃さない!便利なサイト11選
アート留学ならここ!5大美術学校inニューヨーク
ーーーーー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA