[才能引き出す]子供絵画コンクールのポイント3つ

一年を通して、
様々な子供絵画コンクールは行われています。

さらさらと描く子もいれば、
深く考えてしまう子、
描けないと諦める子と様々だと思います。

この記事では、
子供がコンクールの絵を描く時に、
どう声をかければ良いか、
重要なポイントを3つだけお伝えします。

子供絵画コンクールへ応募しよう

学校でまとめて送ることが多いでしょうが、
個人でも応募できるコンクールが沢山あります。

こちらのサイトで確認してみて下さい。
登竜門 絵画・アート

お子様の得意分野と
コンクールのテーマが合えば、
進めやすいですし、
あえて挑戦させてみるなど
普段使わない脳の部位への刺激になりますよ。

ポイント1:大人の先入観を与えない(でも大人の力もちょっと必要)

子供絵画コンクールの特徴は、
ただ絵を描くだけではなく、
テーマが決まっていることが多いです。

子供たちにとってテーマは
想像力を引き出すきっかけになります。

しかし大人は
テーマに対して知識と経験があり過ぎ、
固定観念ができている場合があります。

とは言え…

大きくテーマから離れてしまうことも、
子供だからこそあり得ます。

そこは大人自身が
先入観からの決めつけをしていないか確認し、
イメージができる様な「会話」が良いと思います。

例えば、テーマが
「夏の思い出」だとして。

「カブトムシ描きなさい!」

ではなく

「夏におじいちゃんの所に行ったね〜」
「一番楽しかったの何だったかなぁ?」
「あの時こんなことがあったね〜」

などなど

その結果、
カブトムシを選ぶかもしれないし、
かき氷かもしれない。

この様に持って行きましょう。
ちょっと大人のテクニックが必要ですね。

↓こちらのコンクールで試してみましょう。

かいてみよう!まもりたいしぜん 第16回 ブリヂストンこどもエコ絵画コンクール

ポイント2:汚れを恐れない(汚れない抜け道あり)

汚れを恐れることは
絵を描く上で想像力の妨げになります。

この条件さえ整えてあげれば、
子供たちは自由に描けます。
大人が子供に絵を描かせる時に
最大限配慮するのはここです。

具体的に、
・紙の下に新聞紙等を敷く。
・汚れても良い服を着る。
・汚れることを気にさせない。
(後で洗えば良いよ、と言ってあげる)

と、言うのも、

↓入選した作品を見てみましょう。
ブリヂストン子供エコ絵画コンクール受賞作
はみ出す程勢いがあるもの。
端までしっかり色をつけているもの。

細かい画力よりも、
この辺が審査する人の目に留まるのは仕方ありません。

それらの勢いを絵に表現するための
最低限の条件が
「汚れは恐れない」ことなんです。

とは言え、様々な事情があります。
汚れるわけにいかない方でも大丈夫。

デジタル絵画も受け付ける
子供絵画コンクールもありますよ。
ドコモ未来ミュージアム

ポイント3:賞を狙いすぎない(でも使いよう)

きっかけは
副賞を考えて参加しても良いと思います。

ですが、
一度絵に向かった時は忘れさせましょう。

大人の受けを狙った絵は
絵を描いている人にはすぐに分かります。

とは言え、それも子供の個性によります。
賞を狙うことで頑張れる子もいるだろうし、
そこは保護者の方の判断です。

普段絵を描かない子が
モチベーションを上げるためには、
参加賞のあるコンクールもありますので、
その目的も良いきっかけです。

住友絵画コンクール
ルーブル美術館が目標なので夢がありますし、
参加賞もあるので参加させやすいですよ。

子供絵画コンクールまとめ

絵画コンクールの絵を子供に描かせる時の
ポイント3つをまとめました。

1:大人の先入観を与えない
2:汚れを恐れない
3:賞を狙いすぎない

これで賞がとれるわけではありませんが、
子供が持っている本来の力を
発揮させることができるのではないかと思います。

絵には正解がなく、
だからこそ、
物事に正解が無いことを学べるチャンスでもあります。

何か新しい視点を与えたい時に、
子供絵画コンクールに応募してみると
新しい発見があるかもしれませんよ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA