[かんたん]コラージュ作品を作る方法3つ



今回はコラージュ作品が作れる方法を
かんたんに3つだけ紹介します。

本格アート作品にもできますし、
思い出をコラージュして
アート作品とするのも楽しいですし、
アプリ気軽にで遊んでみるのも楽しいですね。

絵が苦手…なんて人でも
気軽にアート作品が作れるのがコラージュの魅力です。

コラージュ作品とはどんなもの?

コラージュは英語で「Collage」ですが、
元はフランス語で「Collage」(糊付け)の意味です。

つまりコラージュは貼ることなんです。
その貼るものは写真や布など平面なものだけではなく、
立体的な糸やビーズ等でも可能です。

アイデア次第で可能性が広がるのも、
コラージュ作品の魅力なんです。

雑誌を使ったコラージュ作品

準備するのものは3種類。

1.土台になる紙
2.ノリなど
3.切り抜いて良い雑誌

細かく説明します。

材料1:土台になる紙の種類

1.土台の紙は絵を描いて余白を楽しむなら、
絵を描く専門の紙を用意しましょう。
ですが、コラージュだけで作って行くなら、
段ボールで作ってみるのも面白そうです。

糊が付かないツルツルしたものをは避けましょう。

材料2:ノリの種類

大和糊、スティック糊、木工用ボンドなど
が一般に使われますが、
コラージュとして紙を貼る時に便利なのは、

ボンドスプレーか
カルトナージュ用のボンドです。

このようなボンドスプレーか
ボンド G17スプレー ガス抜きキャップ 430ml 64027

このようなカルトナージュ用ボンド
NBK カルトナージュ専用接着剤 ボンド 250ml CTN101

わざわざ買うのは…と言う方は、

ボンドを同量の水で混ぜて使って下さい。
筆で塗って貼り付けます。

貼ってすぐはシワが少し付きますが、
乾燥すると伸びます。

材料3:切り抜いて良い雑誌

ファッション雑誌や
おしゃれな雰囲気の雑誌、

だけではなく、

カタログやパンフレットなど、
様々なものが利用できます。

新聞紙を使っても良いですね。

他にもアイデアとして、
古い切手、観光先での様々なチケット、
チラシ広告、DMなんかも
集めておくと面白い素材になりそうです。

+α:立体的な材料も

立体的に面白そうな物を参考に上げます。
あなたの感性で組み合わせて下さい。

布や糸
ビーズやボタン
ラインストーン
針金やモール
段ボールや厚紙
粘土

まだまだ考えられる物は沢山ありますが、
家にある物で使える物が無いか
探すのも楽しみになりますよ。

コラージュ作品らしくする重要ポイント3つ

貼付けて行くことは
センスになって行きますので、
あなたの感性の思うまま貼って行きましょう。

簡単にアート作品っぽくするコツは、
1.メインになる物を選びましょう。
ちょっと大きめのインパクトのある写真を探してみましょう。

例えば、
女性の顔、
目だけ、口だけなどのパーツ
動物などなど、

大きなポイントとなる絵を見つけることで、
周りに貼る物を考えやすくなります。

さらに、作品としては表現が分かりやすくなります。

↑例えば、こんな感じにね。

2.土台の紙が見えないぐらい貼りましょう。
土台も表現として入れたいなら別ですが、
しっかり作り込まれた作品に見せるため、
土台を隠す程ビッチリ写真など貼付けましょう。

3.画材も使ってみましょう。
アクリル絵の具、
マジックペンなどは簡単に写真の上からでも描けます。

スプレー絵の具やペンキなんかも
面白いかもしれませんね。

↓参考動画。
英語ですが見るだけでも参考になります。

思い出の写真でコラージュ作品

思い出の写真や
旅行の記録をまとめるコラージュ作品のことを

英語で
「アート・ジャーナリング(Art Journaling)」
と言います。

要領は前述のコラージュ作品と同じですが、
テーマは思い出や旅行に絞られるので、
アート作品を作るよりも始めやすいと思います。

ポイントは、旅行の写真や日常スナップと、
チケットやパンフレトとなどが活用しやすいです。

「ジャーナリング」は英語で日記です。
その日の思いをコラージュで表すのも
癒しの表現方法です。

↓参考動画。
英語ですが見ているだけで参考になります。

アプリで簡単コラージュ作品

ハサミで切ったり、糊で貼ったり、
絵の具で塗ったりして手を汚さなくても
コラージュ作品は作れます。

それがアプリ。
色々ありますが3つだけ紹介します。

APP:PicsArt 写真&動画エディター

アプリの中でもダウンロード数が多く、
無料のテンプレート、ステッカーの種類も多いです。

かなり細かい切り抜きや
コラージュがができるので、
慣れれば、かなり本格な
コラージュアート作品も作れます。
PicsArt 写真&動画エディター

APP:InstaMag – Photo Collage Maker

おしゃれな雑誌風の
コラージュができるのがこちらのアプリ。

何種類か写真を選ぶだけで、
テンプレート全体がおしゃれです。
InstaMag – Photo Collage Maker

APP:MOLDIV 写真加工

無料のコラージュレイアウトが180種類。

こちらも雑誌風から、
選んだ写真1枚1枚に加工が加えられるなど、
複雑だけど、凝った加工をしたい人向け。

有料になるとさらに細かい加工ができます。
MOLDIV 写真加工

簡単コラージュ作品まとめ

コラージュでアート作品を作る方法と
ジャーナリング(日記)のコラージュ作品の紹介。
さらに、手を汚さない
コラージュのできるアプリの紹介をしました。

コラージュ作品のメリットは、
絵が描けない人でも、
アート作品としての表現ができること。

また、思い出を楽しく残せること。

アプリならさらに気軽に思い出を残したり、
作品を作ることもできますね。

コラージュの歴史を辿ると、
アートとしてはっきりと使い始めたのは、
あの「ピカソ」でした。

それから現代アートとコラージュは
切っても切り話せない関係です。

コラージュをすることで現代アートに触れることもできますし、

子供達も楽しみやすいアートになりますので、
いろいろと工夫をして楽しんでみて下さい。
ーーーーー
サイト内ピカソ関連リンク
NYで「現代アート」を楽しむ5つの美術館
やっぱり猫の絵画が好き。名画の中の猫。
サイト内コラージュ関連リンク
3人が重要!「現代アート」過激日本人女性たち。
ーーーーー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA