[米]5つの有名大学で美術館めぐり

今回の記事では、
アメリカ、東海岸にある
有名大学の美術館を5つ紹介します。

アメリカ在住の人や、
有名美術館は行き飽きた人必読です。

ニューヨーク在住のマミーの経験と
行きたいなぁと思っている計画を含め書いてます。

有名大学の美術館めぐり[東海岸編]

今回取り上げる大学美術館は
東海岸北側の各州から5つ
ーーー
1,マサチューセッツ州
ハーバード大学の美術館

2,コネチカット州
イェール大学の美術館

3,ニューヨーク州
ニューヨーク大学アートギャラリー

4,ニュージャージー州
プリンストン大学の美術館

5,ペンシルベニア州
ペンシルベニア大学の美術館
ーーー
言わずと知れたアメリカの有名大学は、
学費が高いことでも有名ですが、
それだけ価値の高いものを持っています。

そんなリッチな大学には、
大きな美術館では見られない、
有名画家のマニアックな時代のものがあったりするんです。

そんな掘り出し物を探してみましょう。

皇后雅子さまが卒業したハーバード大学の美術館

マサチューセッツ州ボストンにある

ハーバード大学
Harvard University

3つの美術館と4つの研究施設を合わせ
ハーバード美術館群と言います。
Harvard Art Museums

中世から20世紀までの美術を扱う、
メインの美術館の名称は

フォッグ美術館
(Fogg Museum)

フォッグ美術館のコレクションから、
3点選り抜きました

アメリカにいたドガ

フォッグ美術館の
エドガー・ドガのコレクションは
時代も広範囲、
デッサンも多く充実していることが伺えます。
Harvardart Museums/Edgar Degas

ドガは1872年
普仏戦争から避難のため、

アメリカのニューオリンズの親戚の家に
5ヶ月住んでいたことがあります。

その時に描いた絵がありました。

Cotton Merchants in New Orleans 1873
ぱっと見たら
あのバレエの絵のドガとは思えないですよね。
ーーー
バレエの絵画は結局ドガ[すぐ分かる]ポイント6つ
ーーー

ゴーギャンへ送ったゴッホの自画像

このゴッホの肖像画は
ゴーギャンと肖像画の交換をした時のもの。

後に関係の悪くなった
ゴーギャンとゴッホ。

ゴーギャンは300フラン(今の価値で四〜五十万円)で
この肖像画を売ってしまったそうです。

Self-Portrait Dedicated to Paul Gauguin 1888
X-radiograph(s) of “Self-Portrait for Gauguin”
厚みがあるところが黒く、
薄いところが白く出ます。

ジョルジュ・スーラの粗い点

新印象派の画家、
ジョルジュ・スーラの絵画と言えば、
「グランド・ジャット島の日曜日の午後」

その習作がフォッグ美術館にあります。

Seated Figures, Study for “A Sunday Afternoon on the Island of La Grande Jatte”1884-1885
まだ点描が粗いですね。

ドミニク・アングル

ドミニク・アングルのオダリスクは
↓こちらが有名ですが、

La Grande Odalisque 1814 Jean Auguste Dominique Ingres
↑ルーブル美術館所蔵

この別バージョン。
こちらも華やかでエロティック。

Odalisque, Slave, and Eunuch 1839-1840
ーーー
これもマネのオランピアに影響を与えてそうですね。
印象派の父「マネ」が真似した3作品
ーーー

クリントン夫婦が出会ったイェール大学の美術館

コネチカット州にある

イェール大学
Yale University

アーティストの
マーク・ロスコが中退しています。
ーーー
「現代アート」の謎を深めるロスコの作品
ーーー

そのイェール大学の美術館が
Yale University Art Galleryです。

ジュリー・マネのママ、ベルト・モリゾ

エドゥアール・マネのモデルで、
マネの弟と結婚し、
自身も印象派の画家であった
ベルト・モリゾ

マネの弟もベルト・モリゾも
早くに病気で亡くなってしまい、
残した娘、
ジュリー・マネが持っていた一枚です。

Young Woman and Child 1894

モネのジヴェルニーの庭


The Artist’s Garden in Giverny 1900
モネが晩年住んでいた家が
フランスのジヴェルニーと言う地域でした。

ゴッホの黄色い絵


流浪者や売春婦が多くいる、
ゴッホも利用していた
「カフェ・ド・アルカサル」

中央の白い服の男性がオーナー。
この白い服が、夜のガス灯で
独特に黄色くなる様を描きたかったそうです。

マンハッタンの中、ニューヨーク大学の美術館

マンハッタンのダウンタウン、
グリニッジビレッジにある

ニューヨーク大学
New York University(NYU)

ニューヨーク大学の庭とも言える、
ワシントン・スクエア・パークのすぐ横にあるのが、

NYUの美術館
Grey Art Gallery

現代アートの比率が高く、
ダダやアヴァンギャルドのコレクションが特徴的です。

イランのアート

グレイアートギャラリーの特徴は、
全コレクションの1/5が
イランアートであることです。

Grey Art Gallery/ Iranian Art

ピカビアが最初のコレクション

キュビズム、ダダイズム、シュルレアリスムと
幅広く現代アートに関わった
フランシス・ピカビア

↓このピカイアの作品が
グレイアートギャラリーの最初のコレクションでした。
Résonateur (Resonator), c. 1922

巨大なピカソの彫刻

グリニッジビレッジにある
ピカソのパブリックアートは
グレイアートギャラリーの所蔵です。


Bust of Sylvette(シルベットの胸像)

NYUが所有するアパートの中庭にあり、
誰でも見ることができます。

村上春樹が講師をしていたプリンストン大学の美術館

ニュージャージー州Nの
だいたい中央に位置する

プリンストン大学
Princeton University

アインシュタインが在籍していた名門大学です。

その大学美術館が、
プリンストン大学美術館です。
Princeton University Art Museum

ゴヤの不気味な絵

ゴヤは晩年広大な敷地の中に
孤立して建つ小さな家に住んでいました。

そこで有名な「黒い絵」を描いています。
その「黒い絵」のシリーズのような絵です。

Monk Talking to an Old Woman

ロートレックの油絵

ロートレックが
フェルナン・コルモンのアトリエで
人体を描く勉強をしていた頃のものです。

エミール・バーナードやゴッホも同じ場所で絵を習っていました。

The Marble Polisher, 1882–87

野口英世も研究員だったペンシルベニア大学の美術館

ドナルド・イヴァンカ、
トランプ親子が卒業している
アメリカで4番目にできた歴史ある大学

ペンシルベニア大学
University of Pennsylvania (U-penn)

アートコレクションはこちら。
University of Pennsylvania Art collection

ギャラリーは
Arthur Ross Gallery at the University of Pennsylvania

キャンパス内で見れる彫刻がこちら。
CAMPUS SCULPTURE TOUR

モディリアーニの
まだ顔の長くない頃のドローイング
Amedeo Modigliani
Jeanne Hetenval, ca. 1909

彫刻家
ヘンリー・ムーアのドローイング
Head of a Girl and Reclining Figure, 1979 Henry Moore

写真家マン・レイのリトグラフ
Julie, 1970

有名大学美術館めぐりのまとめ

アメリカ東海岸にある
5つの有名大学の美術館を紹介しました。

どの美術館も常設展示だけではなく、
企画展示もありますのでサイトをチェックして行くことをおすすめします。

今回は絵だけに絞っていますが、
歴史的な美術品、出土品、
自然史博物館の併設など、
学術と結びつくものが楽しめますので、

大学の施設は大学自体に興味がなくても
行く価値があると思います。

最後まで記事を読んでいただき
ありがとうございました。

さらなる情報、ご意見ご感想、
体験談などコメントいただけたら嬉しいです。
Yukiyo mommy

ーーーーー
サイト内関連リンク
バレエの絵画は結局ドガ[すぐ分かる]ポイント6つ
アート留学ならここ!5大美術学校inニューヨーク
印象派の父「マネ」が真似した3作品
ーーーーー

ニューヨークから気まぐれにアート情報を送っています。

Subscribe

* indicates required



ラインからもお送りします。

ーーーーー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA