日本画入門の入門2。ニカワ編。

日本画のワークショップで日本画を体験し
日本画って何?日本画初体験。

本気でやる気になってきたマミーは
画材を買おうとネットを見るも、
なにをかって良いのか分からず、
買い方講座を日本画の先生にしてもらいました。
日本画入門の入門1。画材編。

西洋画でも鉱石を使い絵の具にします。

西洋画と日本画の違いは、
日本で描かれているか否かで、
実はきっぱりと違う物ではないそうです。

西洋の岩絵の具

そもそも日本画と言う概念は
明治時代に西洋から
「西洋画」が入ってきたことで
区別をするために、
「日本画」と言う言葉を作ったそうです。

「岩絵の具」は西洋画でも使われていました。

フェルメールの
「真珠の耳飾りの少女」の
少女が付けている青いターバンの青は
鉱石のラピスラズリから出されています。

↑マウリッツハイス美術館所蔵
Mauritshuis

これを初めて聞いたとき、
宝石から色が作られているのか…
と、感動したことを覚えています。

思えばこれが日本画に興味が湧いてきた
原点なのかも知れません。

自分らしい作品を作ろうと試行錯誤していた時、
アクリル絵の具とビーズを組み合わせて
何か作品ができないか考えていました。

なかなか思う様に組み合わすことができず、

いっそビーズを砕いて塗ってみるか!?

こんな発想に至ったのです。

いやいやちょっと待てよと。
そんな感じの絵の具があったなと。

「岩絵の具」じゃありませんか。

そこから日本画を習えないか調べたのですが、
いかんせん日本画ですから、
アメリカで学ぶには高いハードルがありました。

ですが、思いが強かったからか、偶然か、
日本画を習いたいと悶々としていた所に
日本画家の方から絵を習う機会がありました。

日本画の前に習った方が良い物が、
水彩画だと言われました。

そして一度ですが、墨の濃淡での色塗りを教わり感動。

その先生からは子供と一緒に習っていたので
それほど日本画については習えなかったのですが、

思いが強く情報を引き寄せたかの様に、
ニューヨークでの
日本画ワークショップがあることが分かりました。
日本画って何?日本画初体験。
これにより、いきなり
こんな素敵な作品を描くことができました。

ここで知りあった日本画の先生が、
現在の先生として、これから
日本画教室をプライベートで
やっていただけることになっています。

本当はプライベートではなくても良いのですが、
なかなか開催場所と人を集めるのは大変で、
定期的なクラスはすぐには開けなさそうです。
誰かいないかな?

膠(ニカワ)続き

「岩絵の具」は岩を砕いて
それを絵の具として使います。

しかし、砕いた岩はただの粉。
水で溶いて塗ったとしても
乾燥をしたら剥がれ落ちてしまいます。

そこで絵の具の接着剤の役割をするのが

膠(ニカワ)
英語では「glue」

「glue」は
接着剤、ボンド、ノリにも使われる英語です。

成分としては
ゼラチン「gleatin」でもあります。

原料は動物の皮や骨。
それを煮込み、抽出します。

煮こごりと同じだそうです。
いわゆるコラーゲンでもあります。
なんだか言い方一杯ありますね。

日本の画材用ニカワは
棒状に乾燥して売られています。

アメリカで売られている牛のニカワは
粒状になっていました。

ニカワは利用する前日にふやかします。
天然の物なので夏は腐りやすいので
保管場所も気をつけなければいけません。

湯煎をして溶かしていきますが、
生ものなのでさらに腐りやすくなります。
煮こごりですものね。

ですがニカワを混ぜる
専用のスプーンがあるそうですが、
それは銅製で、
銅が防腐剤代わりになるそうです。
アメリカなら
”清潔な”1セントコイン(ペニー)で
代用出来るそうです。
汚いとニカワで菌が培養されてしまいます。
なんと言ってもゼラチンですから。

ちなみにニカワには
防腐剤入りで瓶に入り、
薄めるだけで使える物もあります。
マミーは初心者なので
これも買っておく様に言われました。
200cc 約1000円ですね。

実際にニカワを作るレッスンも
いずれお願いしています。

それにしても、
日本画は手間がすごいですね。
でもその手間がむしろ魅力的!
ーーーーー
サイト内関連リンク
日本画「画材」ショッピング。
日本画入門の入門1。画材編。
日本画って何?日本画初体験。
ーーーーー




2 件のコメント

  • はじめまして
    私はニューヨークに住んでいるサイトウと申します。
    現在小説と絵本を執筆していて表紙や挿絵に日本画を
    使いたいと思って日本画のクラスを探しておりました。
    本記事に書かれていた日本画のプライベートレッスンに
    興味があります。もしよろしければお手数ですがご返事頂けるとありがたいです。

    • サイトウ様
      初めまして。
      コメントありがとうございます。

      日本画のプライベートレッスンについてですが、

      サイトウ様へメールをさせて頂きます。
      念のため、
      こちらも詳細を聞いて紹介できるか確認します。

      ご理解お願いします。
      Yukiyo

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA